メタボ撃退!中性脂肪を減らすには!

セサミン

ゴマに含まれる健康成分として注目を集めているセサミン。近年ではさまざまなタイプのサプリメントも販売され、抗酸化やアンチエイジングに関する効果が謳われています。

そんなセサミンは中性脂肪にも効果を発揮するとのこと。ゴマであれば普段の食生活の中にも取り入れやすく、気軽に始めやすいですよね。このページではそんなセサミンの中性脂肪への働きについて密着しました。

セサミンとは?

ゴマには、ビタミンB1、B2やリノレン酸、カルシウムといったミネラルが豊富に含まれています。それらと同様に含まれる抗酸化成分に「ゴマリグナン」というものがあります。リグナンは植物に含まれる植物エストロゲンの一つなのですが、このゴマリグナンの中にセサミンという成分が存在しているのです。

ゴマという食材は古くから重宝されていて、古代エジプトでも食用や防腐剤などとして使用されていたことがあるそうですが、セサミンという成分について研究が進んだのは1980年代になってからのこと。現在でこそ注目を集めていますが、まだまだこれから研究が進んでいくことが期待されているのです。

セサミンについてはこちらのサイトを参考にしました:若返りの救世主セサミン講座

セサミンと中性脂肪の関係

セサミンの特徴の一つとして、肝臓への効果を挙げることができます。セサミンは肝臓に到達するまで活性せず、肝臓に来てからはじめてその抗酸化作用を発揮します。それによって肝機能の向上が認められるというわけです。

中性脂肪と肝臓の関係は言わずもがなですが、肝臓はグリセリンと脂肪酸を結合しては中性脂肪への再合成を繰り返しています。体内に蓄積された中性脂肪は、エネルギーが消費されたときに分解されて遊離脂肪酸となるのですが、このときに抗酸化作用が働くことで再度中性脂肪へ結合されることを防ぐことができます。

セサミンが直接中性脂肪に作用するわけではありませんが、エネルギーを消費したタイミングで効果を発揮すると言えそうです。運動をしてもなかなか効果が見られないという人は、一度試してみてもいいかもしれません。

他にもあるセサミンの嬉しい働き

セサミンには中性脂肪への働きに限らず、いろんな嬉しい効果があります。ここではその一部をご紹介します。

  • 二日酔いを防ぐ
  • 高血圧を防ぐ
  • 美肌などの美容効果
  • 疲労回復

人間の活動をつかさどる肝臓に対して効果的に働くわけですから、嬉しい効果が満載なのも納得です。中性脂肪への働きといっしょに副次的な効果を求める人は、検討してみてはいかがでしょうか。

 
メタボ撃退!中性脂肪を減らすには!