メタボ撃退!中性脂肪を減らすには!
HOME » 中性脂肪を減らすには知っておきたい! » タバコを吸っている人は要注意

タバコを吸っている人は要注意

タバコはストレス解消にいいと思っている人は是非知っていただきたい中性脂肪との関係。実はタバコが中性脂肪の増加を助けているのです。

タバコは中性脂肪を増やす

タバコと肺がんの関係はよく知られていますが、中性脂肪との関係を知っている人は意外に少ないでしょう。

実はタバコは中性脂肪を増やしてしまう働きがあるのです。

タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させる作用があります。つまり血液の流れを悪くして血栓ができやすくなるだけでなく、善玉コレステロールを減少させ悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

また、煙に中に含まれている一酸化炭素は、血液の酸素濃度を低下させるのです。そのため、血管性の病気のリスクが高まることがわかっています。

結論として、タバコは中性脂肪を減少させる代謝機能を妨げるので、食事療法や薬物療法などさまざまな治療を行ってもタバコをやめない限り成果が上がりにくいといえるのです。

喫煙習慣がある人だけでなく副流煙を吸っている人も代謝が落ち中性脂肪が増えることがわかっているそうです。

つまり喫煙そのものが自分だけでなく周囲の人にも悪影響を与えるのは明確なのですから、健康のために是非禁煙という選択をしていただきたいものです。

上手に禁煙するには

いざ禁煙といっても、なかなかうまくいかず失敗して再び喫煙を始める人も少なくありません。ニコチンの中毒症状との戦いであるために、そう簡単にはやめることはできないようです。

まず、ここで知っておいていただきたいのは、タバコはストレス解消にはまったく役立たないこと。百害あって一利なしであること。

禁煙を成功するコツをいくつか挙げてみましょう。

  • 禁煙の開始日を決める

「今からタバコやめる!」という思い付きのスタートではなく、「この日からタバコをやめよう」という猶予期間を設けたスタートをします。禁煙するぞ、という意志を明確にして、周囲の人にも宣言することをおすすめします。

そして、猶予期間の間に少しずつタバコの本数を減らしていき、スタートの日には灰皿やタバコなどのタバコ関連グッズはすべて目の前からなくしておきます。

  • 禁断症状に向き合う

禁断症状の克服が最大の難関です。

イライラしたり口元がなんとなく寂しくなったり。こういったときは、とにかく気持ちを他に向けましょう。禁煙ガムや虫歯や肥満に配慮したガムなど時間をかけて噛むのも効果的です。

禁断症状のピークは初めの1週間くらいといわれています。ですから、1週間をまず乗り切ってしまえば徐々に楽になります。

特に飲み会やパチンコなどに行くとついついタバコに手が伸びてしまいがちです。症状が落ち着くまでは、誘いも断って禁煙を成功させるようにしましょう!

タバコはいずれ1箱1,000円近くになるかもしれないといわれています。物価が上がり暮らしにくくなる中で禁煙は家計を助ける手段としてもオススメしたいものです。

 
メタボ撃退!中性脂肪を減らすには!