メタボ撃退!中性脂肪を減らすには!
HOME » 中性脂肪を減らすには知っておきたい! » そもそも中性脂肪とは

そもそも中性脂肪とは

そんなに太っているつもりではないのに、健康診断で中性脂肪が多いと指摘される人は意外と多いです。でも中性脂肪っていったい何なのでしょうか?体脂肪のことだと思っている方も多いようですが、それは違います。こちらでは、中性脂肪の概要や体における働き、コレステロールとの違いなどについて解説します。

中性脂肪とは?

人間の体内には、中性脂肪、コレステロール、リン脂質、脂肪酸という4種類の脂肪が存在します。

コレステロールとリン脂質は細胞膜を作り、脂肪酸は私たちが生きるエネルギー源として働きます。

中性脂肪はトリグリセライドとも言い、必要に応じて脂肪酸になってエネルギーとして使われます。

それぞれ体に必要な成分なのですが、過剰になると弊害が出てきます。コレステロールや、中性脂肪が増えると、血液がネバネバした状態になり動脈硬化になる危険性があります。

中性脂肪が増える原因

食事から摂取された中性脂肪は血液に乗って体の組織に運ばれますが、食べすぎや運動不足で消費エネルギーよりも中性脂肪の方が多くなると、どんどん体の中に中性脂肪がたまっていき、肥満の原因となってしまいます。

中性脂肪とコレステロールの関係

中性脂肪とコレステロールは同じものと思われがちですが、同じではありません。

中性脂肪は脂肪酸となってエネルギーとして使われますが、コレステロールは体内の細胞膜やホルモンの材料となります。

コレステロールには善玉HDLと、悪玉LDLがあり、食物から取り入れられたLDLは肝臓で合成され、血液によって全身に運ばれて細胞膜やホルモンの合成に使われますが、LDLが増えすぎると血管が細くなって動脈硬化の原因になります。反対に善玉HDLは血管に付着したLDLを取り去って肝臓に運ぶ働きをします。

最近では血液中の中性脂肪が増えると善玉HDLを減らし、悪玉LDLが増えることがわかってきました。つまり、これは中性脂肪が増加すると動脈硬化も促進されるということなのです。

 
メタボ撃退!中性脂肪を減らすには!